2015年02月28日

64(ロクヨン)

 


・内容(「BOOK」データベースより)
元刑事で一人娘が失踪中のD県警広報官・三上義信。記者クラブと匿名問題で揉める中、“昭和64年”に起きたD県警史上最悪の翔子ちゃん誘拐殺人事件への警察庁長官視察が決定する。だが被害者遺族からは拒絶され、刑事部からは猛反発をくらう。組織と個人の相克を息詰まる緊張感で描き、ミステリ界を席巻した著者の渾身作。

・内容(「BOOK」データベースより)
記者クラブとの軋轢、ロクヨンをめぐる刑事部と警務部の全面戦争。その狭間でD県警が抱える爆弾を突き止めた三上は、長官視察の本当の目的を知り、己の真を問われる。そして視察前日、最大の危機に瀕したD県警をさらに揺るがす事件が−。驚愕、怒涛の展開、感涙の結末。ミステリベスト二冠、一気読み必至の究極の警察小説。


 全く気づいてなかったが、『震度0』と次作に当たる本作の間には、7年もの時間が空いていたらしい。

 横山氏は、その間に体調を崩したり、平たく言えばスランプだったりしたようだ。

 相当の苦労があったと推察されるが、それが実った力作。

 下巻は途中から止まらなくなって、翌朝は仕事にも関わらず、朝3:00頃までほぼ読み切った・・・と言いたいところだが、最後は強烈な眠気に襲われて数ページだけ残して寝てしまった。

 だが、“一気読み必至”は伊達ではない。


 刑事として確かな実績も残してきた三上だが、意に添わぬ警務部広報室へ二度目の異動。いつかは刑事部に戻るという思いを胸に秘めつつも、開かれた広報室へと改革に動くが、失踪した自身の娘の捜索を依頼したがために、改革を快く思わぬ上層部に圧力に屈する。被疑者匿名事案で記者クラブとの関係はさらに険悪に。

 そこに降って湧いた警察庁長官の視察。目的は、わずかな日数で平成に取って代わられた昭和64年に発生したD県警最悪の未解決誘拐事件“64(ロクヨン)”の現場と遺族宅訪問、そしてぶらさがり取材。

 三上はその段取りを任されるが、遺族には拒否され、記者クラブは取材ボイコットを示唆。さらに、長官の視察とぶらさがり取材には、D県警刑事部を震撼させる裏の目的が・・・。

 刑事部と警務部の対立、その板挟みとなる三上。徐々に明らかになる、かつて自分も関わった64事件の真相。やがて、64事件を彷彿させる新たな誘拐事件が発生する。


 刑事を捨てられなかった三上が、広報官としての矜持を掴み取る姿には共感を覚える。組織においては、人はまずは与えられた場所で頑張るしかない。全てはそれからだ。

 気がかりは、失踪した三上の娘の安否と三上と妻との関係だが、あえて安易なハッピーエンドを描かずとも、ハッピーエンドの兆しがある。

〔評価〕★★★★☆


 次は『想像ラジオ』(いとうせいこう・著/河出文庫)。
posted by ふくちゃん at 15:49| Comment(0) | TrackBack(1) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

ジャコバン派の独裁 小説フランス革命14




・内容(「BOOK」データベースより)
国内外の危機を放置し、革命を停滞させるジロンド派の排除を決意したロベスピエール。ジャコバン派を率いて議会で攻勢をかける一方で、パリの市民にも蜂起を呼びかける。新聞「デュシェーヌ親爺」を発行し、庶民に絶大な人気を誇るエベールの働きもあり、パリは三度目の蜂起に突入。ジロンド派の追放を叫ぶ民衆が、議会に押し寄せ −。フランスが一党独裁への道を走り始める、怒涛の第14巻。


 ロベスピエール率いる“ジャコバン派の独裁”というタイトルだが、この巻は独裁に至る状況が出来上がったところで終わり。

 しかも、心の奥底では過激な蜂起は望んでいなかったのに、意思に反して民衆を強く煽る言葉をついに口にしてしまったロベスピエール。

 政敵であるジロンド派を議会から追い出せば、結果的にジャコバン派の独裁が成立するではないかとダントンに指摘され、狼狽するロベスピエール。

 本当のところはどうだったのだろう・・・。

 真意・真実はどうあれ、これまでの民衆蜂起とは違い、選挙で選ればれた議員を選挙によらず放逐する・・・自ら得た民主主義を自ら葬ることになりかねない事態である。

 次の巻では、いよいよロベスピエールによる恐怖政治が展開する。

 なぜ、そんなことになってしまったのか。ロベスピエールの心がどう描かれるのか、興味津々である。

〔評価〕★★★★☆


 次は『64(上・下)』(横山秀夫・著/文春文庫)。
タグ:64 横山秀夫
posted by ふくちゃん at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・時代小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

宇宙戦艦ヤマト2199 6




・内容
時に西暦2199年 − 絶滅まで1年余りと迫った人類は、最後の希望を託し宇宙戦艦ヤマトを建造。沖田艦長とそのクルー達は遥か16万8千光年の彼方、マゼラン銀河・イスカンダルを目指し旅を続けていた。ガミラス本星・帝都バレラスに召喚されたドメル将軍は。デスラー総統より直々にヤマト討伐の命を受ける。一方その頃、100式空間偵察機で飛び立った古代と森は、哨戒任務中に交信が途絶えたヤマトへ至急帰投することに。しかし艦内は無人と化し、航行制御不能に陥っていた・・・!
(裏表紙より)


 『ジャコバン派の独裁 小説フランス革命14』を買って読んでいるが、その前にこちらを読み終わった。

 アニメの2199は『星巡る方舟』の上映も終わり、一旦終了(永遠に終了…?)。

 そのことで漫画の打ち切り(早期終了)を心配する声もあるようだが、本当にそうなるか、著者が描きたいと思うような形でラストまで描けるか、コミックの売れ行き次第だろう。

 で、最新第6巻は、アニメ第14話『魔女はささやく』を掘り下げた、ほぼ丸々オリジナルエピソードの1冊。

 アニメでは精神攻撃を受けたヤマト・クルーが一種の昏睡状態に陥り、全員が自分の過去を夢見ているのだが、この巻ではアニメでは触れられなかった沖田、相原、伊藤などの過去の心の傷が描かれる。

 アニメよりも、ややウェットな“むわから版2199”。今回も「印象的な良いセリフにしよう」という気持ちが強すぎるような気がするのだが、ここまででベストの巻だと思う。

 残念なのは100ページしかないこと(通常は160〜170ページ)。『星巡る方舟』の劇場公開にタイミングを合わせたいという出版社の意向(商売の上ではある意味当然か)に加え、その劇場映画関連の仕事もしているということで、かなりの強行スケジュールだったことが影響しているよう。

 次の巻は、いよいよドメル&フラーケンとの対決。

 楽しみだ。

〔評価〕★★★★☆


 次は『ジャコバン派の独裁 小説フランス革命14』(佐藤賢一・著/集英社文庫)。
posted by ふくちゃん at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。