2008年03月11日

ティファニーで朝食を


ティファニーで朝食を
著者名:トルーマン・カポーティ(著)
     村上春樹(訳)
出版社:新潮社
出版年:2008.02
ISBN :9784105014070


・内容
ホリーは朝のシリアルのように健康で、石鹸やレモンのように清潔、そして少しあやしい、16歳にも30歳にも見える、自由奔放で不思議なヒロイン。―第二次世界大戦下のニューヨークを舞台に、神童・カポーティが精魂を傾け、無垢の世界との訣別を果たした名作。
(「BOOK」データベースより)


 あぁ〜ビックリした。

 こんな小説やったとは!

 映画と全然違うがな。

 いや、映画を観たのは随分昔で、もうほとんど覚えてないけど、確か「ロマンチック・コメディ」やったような。

 しかし、小説はそれとは似ても似つかない。

 というか、映画は小説とは似ても似つかない。

 カポーティは主演がオードリー・ヘップバーンと聞いて、少なからず不快感を表明したそうである。そりゃそうだろう。あまりに原作とはイメージが違い過ぎる。

 ヘップバーンの女優として魅力や映画の出来不出来は別として(ヘップバーンは好きだし、この映画も好きだが)、ここまで映画と小説の「精神」が別モノって珍しい。

 カポーティはよくも「おれの作品を“原作”としてクレジットするな!」と言わなかったものだ(言ったかも知らんけど)。

 とにかく痛々しい小説である。

 読みながら、サリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』や、フィッツジェラルドの『グレート・ギャッツビー』をずっと連想してた。

 新聞広告で見つけたときは、なぜに村上春樹氏が『ティファニーで朝食を』やねん?と思ったが、読んで納得。


 次は、『銀河英雄伝説7怒涛篇』(田中芳樹・著/創元SF文庫)。


posted by ふくちゃん at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典的名作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。