2012年03月20日

シスマの危機 小説フランス革命6




・内容(「BOOK」データベースより)
聖職者民事基本法をめぐり、賛成派と反対派が激しく対立。フランスはシスマ(教会大分裂)の危機に直面し、推進者のタレイランは窮地に追い込まれていた。そんな中、ジャコバン・クラブ代表、国民議会議長と次々に就任し、政界を登りつめつつあったミラボーが、志半ばにして病に倒れる。一度は決別したロベスピエールに、ミラボーが遺した最期の言葉とは − 。巨星、墜つ。喪失の第6巻。


 フランス革命を陰日向でリードしてきた巨人・ミラボーが死ぬ。国王政府と議会と人民のバランスを考慮し、現実主義の怠惰にも理想主義の狭量にも陥らず、フランスの新しい形を構想した男。

「・・・静もあれば、濁もあり、それを渾然とさせながら一緒くたに抱え続けているのが、むしろ普通の人間というものだよ」
「・・・もっと自分の欲を持ちたまえ」
「己が欲を持ち、持つことを自覚して恥じるからこそ、他人にも寛容になれるのだ。独裁というような冷酷な真似ができるのは、反対に自分に欲がないからだ。世のため、人のためだからこそ、躊躇なく人を殺せる。ひたすら正しくいるぶんには、なんら気も咎めないわけだからね」

 最期を迎える直前、ロベスピエールに語る言葉は示唆に富んでいる。右派・左派・中道を問わず、自分が正義だと信じている阿呆な政治家に噛み締めて欲しい言葉である。結局、ロベスピエールは、ミラボーの期待にではなく、危惧に沿う生き方をするわけだが・・・。

 前の巻の感想でも書いたと思うが、もしミラボーが途中退場していなければ、フランス革命はどう進んだのだろう。

 そして、ここまでの主役を喪った小説はどう展開していくのか。

〔評価〕★★★★☆


 次は、『もろこし桃花幻』(秋梨惟喬・著/創元推理文庫)。


posted by ふくちゃん at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・時代小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。