2012年03月26日

あした咲く蕾




・内容(「BOOK」データベースより)
美しい容姿からは想像もつかないほどガサツな叔母の意外な秘密についての表題作、雨の日だけ他人の心の声が聞こえる少女を描く「雨つぶ通信」、西日暮里の奇妙な中華料理屋を巡る奇譚「カンカン軒怪異譚」など、『花まんま』『かたみ歌』の著者が、昭和の東京下町を舞台に紡ぐ「赦し」と「再生」の7つの物語。


 昭和40年代を舞台にした作品が並ぶ、いつもながらの朱川ワールドである。若干苦い後味の『湯呑の月』を除き、どれもハッピーエンドで安心して読める。もちろん『湯呑の月』も悪くない。

 どの作品も良いが、表題作の『あした咲く蕾』がベスト。

 泣ける。

 泣けるから良い作品というわけではないが、この作品には優しさが溢れている。

〔評価〕★★★★★


 次は、『午後からはワニ日和』(似鳥鶏・著/文春文庫)。


ラベル:朱川湊人
posted by ふくちゃん at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー・幻想文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。