2012年07月10日

ダブル・ジョーカー




・内容(「BOOK」データベースより)
結城中佐率いる異能のスパイ組織“D機関”の暗躍の陰で、もうひとつの諜報組織“風機関”が設立された。その戒律は「躊躇なく殺せ。潔く死ね」。D機関の追い落としを謀る風機関に対し、結城中佐が放った驚愕の一手とは?表題作「ダブル・ジョーカー」ほか、“魔術師”のコードネームで伝説となったスパイ時代の結城を描く「柩」など5篇に加え、単行本未収録作「眠る男」を特別収録。超話題「ジョーカー・ゲーム」シリーズ第2弾。


 スパイ合戦の妙味にゾクゾクした。

 “スパイ合戦”とはいっても、短編ばかりだし、派手な活劇が展開されるわけではない。

 だからこその面白さ。

 “魔王”結城中佐が率いる“D機関”の戦いは局地戦であるが、日中戦争から第二次世界大戦にかけて戦局全体を左右するような、スケールな大きな長編も読んでみたい(派手な活劇なしで)。欲張りな希望だが。

〔評価〕★★★★☆


 次は『無理(上・下)』(奥田英朗・著/文春文庫)。


【関連する記事】
posted by ふくちゃん at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。