2012年08月26日

悪の教典

 


・上巻内容(「BOOK」データベースより)
晨光学院町田高校の英語教師、蓮実聖司はルックスの良さと爽やかな弁舌で、生徒はもちろん、同僚やPTAをも虜にしていた。しかし彼は、邪魔者は躊躇いなく排除する共感性欠如の殺人鬼だった。学校という性善説に基づくシステムに、サイコパスが紛れこんだとき − 。ピカレスクロマンの輝きを秘めた戦慄のサイコホラー傑作。

・下巻内容(「BOOK」データベースより)
圧倒的人気を誇る教師、ハスミンこと蓮実聖司は問題解決のために裏で巧妙な細工と犯罪を重ねていた。3人の生徒が蓮実の真の貌に気づくが時すでに遅く、学園祭の準備に集まったクラスを襲う、血塗られた恐怖の一夜。蓮実による狂気の殺戮が始まった!ミステリー界の話題を攫った超弩級エンターテインメント。


 単行本刊行当時、結構話題になった作品である。それだけに期待していたが、上巻を読んでいる間、下巻を読むかどうかずっと迷っていた。結局、最後まで読んだのだが、物足りなさが残る。

 まず、蓮実聖司以外の教師や生徒も、かなりひどい連中である。特に教師はクソだらけ。蓮実の「悪」のスケールが、他の登場人物のそれを凌駕していることは確かだが、周囲も「悪」だらけのため、相対的に蓮実の悪辣度を下げてしまうのだ。

 さらに、蓮実は、良く言えば臨機応変だが、実態はかなり行き当たりばったりである。自分の能力を過信しすぎ。もっとパーフェクトな悪人ぶりを期待したのに、不用意なミスが多く、詰めが甘いのだ。最後の殺戮も、ミスを隠蔽するために始めたことである。サイコ度合はなかなかだが、「絶対的な悪」としては期待はずれ。

 ついでに、最後の短編2編は、蛇足以外のなにものでもない。

〔評価〕★★★☆☆


 次は『天空の少年探偵団』(秋梨惟喬・著/創元推理文庫)。


ラベル:悪の教典
posted by ふくちゃん at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。