2013年05月08日

白雨 慶次郎縁側日記




内容(「BOOK」データベースより)
滝のような夕立に、江戸が白く煙る午後、木綿問屋の宗右衛門が軒先に飛び込んできた。飯炊き寮番の佐七は煎餅をふるまって、老いの孤独な境遇を語りあう。普段は慶次郎だけが示してくれる優しい気遣いに触れ、佐七はうれしさを抑えがたいが、それを聞いた蝮の吉次は胸騒ぎが収まらない・・・。老境の日々を照らす小さな陽だまりを描く表題作ほか、江戸の哀歓を見守る慶次郎の人情七景。


 相変わらず、このシリーズは非常にいい。ウェットすぎず、それでいて情感豊かで。

 人の優しさ、哀しさ、寂しさ、愚かさ、温かさ。短い一篇一篇にいろんなモノが詰まっている。

 著者の北原氏が先日亡くなって、もう新作は読めない。文庫化されていないシリーズ単行本は、あと『あした』1冊だけである(傑作選を除く)。

 著者のもうひとつの代表的シリーズ作品『深川澪通り木戸番小屋』は未読なので、これから読んでいこうと思う。

〔評価〕★★★★★


 次は『昨日まで不思議な校舎』(似鳥鶏・著/創元推理文庫)。


posted by ふくちゃん at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・時代小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。