2013年05月26日

プールの底に眠る




・内容(「BOOK」データベースより)
13年前の夏休み最終日、僕は「裏山」でロープを首に巻いた美少女を見つける。自殺を思いとどまった少女は、私の命をあなたに預けると一方的に告げた。それから7日間、ばらばらに存在する人や思いや過去が繋がりはじめた。結末は何処に?切なさと驚きに満ちた鮮烈デビュー作。第42回メフィスト賞受賞作。


 メフィスト賞作品ということで期待して読んだのだが、久々の金返せ本。

 【序章】の“過去へ”に始まり、【一章】の“一日目”から【七章】の“七日目”を経て、【終章】の“未来へ”で終わる物語。

 終章の展開は予想通りだった。推理力ほぼ0のミステリ読者である僕にさえ、先が読めた。また、伏線もなく、後出しでいろんな事実が分かってくるのは、ミステリとしていかがなものか。それとも、この作品はミステリではなく、ミステリ・テイストの青春小説なのか。

 だが、青春小説としてもイマイチだ。主人公の“僕”の視点が、時に高校生ではなく完全に大人のそれである。

 そして、“僕”と幼馴染みの少女・由利、裏山で出会う美少女・セミの関係性とキャラクタは、村上春樹氏の『ノルウェイの森』を強く想起させる(細かい違いはあるにせよ)。つまり、二番煎じである。生き生きとした生のエネルギーを感じさせる由利は『ノルウェイの森』の“緑”であり、どこか非現実感を漂わせるセミは“直子”だ。

 だが、『ノルウェイの森』のような悲劇性、切実さがない。最後まで読んで、大人になった主人公に言いたいことは「君は結局、幸せやがな!」である。思春期を過ぎても、自意識過剰な不幸ぶりっ子ではないか・・・。

 やれやれ。

〔評価〕★☆☆☆☆


 次は『模倣の殺意』(中町信・著/創元推理文庫)。


【関連する記事】
posted by ふくちゃん at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。