2013年07月23日

ダチョウは軽車両に該当します




・内容(「BOOK」データベースより)
県民マラソン大会のコースを駆け抜けてくるのは「ダチョウだって?」 − そして発見された焼死体。捕獲したダチョウと被害者とをつなぐものとは?キリン飼育員・桃くんにツンデレ女王・鴇先生、変態(?!)・服部くん、アイドル飼育員・七森さんら、楓ヶ丘動物園の怪しく愉快な面々が活躍する動物園ミステリー第2弾!


 以前ブログで「ぜひシリーズ化してもらいたい」と書いた『午後からはワニ日和』の続編が登場である。前作に続き、いきなり文庫。

 「市立高校シリーズ」といい、この動物園ミステリー(シリーズ名はどうするのか?)といい、似鳥鶏はもう少し注目されてもいいと思うのだが・・・。

 今回の作品も突拍子もない導入部から、軽いタッチでの展開、そして話のスケールが急に大きくなる後半部とすいすい読ませる。

 早く続編を。

〔評価〕★★★★☆


 次は『折れた竜骨(上・下)』(米澤穂信・著/創元ミステリ文庫)。


【関連する記事】
posted by ふくちゃん at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。