2013年10月07日

オレたち花のバブル組




・内容(「BOOK」データベースより)
「バブル入社組」世代の苦悩と闘いを鮮やかに描く。巨額損失を出した一族経営の老舗ホテルの再建を押し付けられた、東京中央銀行の半沢直樹。銀行内部の見えざる敵の暗躍、金融庁の「最強のボスキャラ」との対決、出向先での執拗ないじめ。四面楚歌の状況で、絶対に負けられない男達の一発逆転はあるのか。


 シリーズ2作目は、ドラマ後半部にあたる。半沢の妻・花は専業主婦になったらしい。オネエ言葉の黒崎、大和田常務も登場するが、半沢と彼らの戦いは、やはりドラマの方が描き方が極端で、その分ドラマティック。ちなみに、大和田常務はドラマとは違って、産業中央銀行ではなく、東京第一銀行の出身。

 金融庁との疎開資料を巡る攻防も、京橋支店で握りつぶされた伊勢島ホテルの損失の報告書を探し出すシーンも、ドラマの方がハラハラドキドキ。

 終盤の大和田との取締役会との対決もしかり。

 ドラマのデフォルメ具合も良いが(やりすぎギリギリ手前)、それよりも落ち着いたトーンの原作も良い。

 あと、大きな違いとしては、ドラマでは半沢が同期の近藤を立ち直らせるのだが、原作ではほぼ自力で立ち直るところかな。あ、それから原作の羽根専務は男。

 ドラマでは原作通り、半沢は子会社に出向させられることになったわけだが、続きが気になる・・・。

 というわけで、原作の第3弾、まだ文庫化されていない『ロスジェネの逆襲』も売れに売れて、50万部目前らしい。

 僕は、文庫になるまで待つ。

 しかし、ドラマを観ているときも思ったが、本当に銀行ってこんなにひどい組織なん?むちゃくちゃやがな。

〔評価〕★★★★☆


 次は、『マリアビートル』(伊坂幸太郎・著/角川文庫)。
posted by ふくちゃん at 20:10| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふくちゃんさん、こんにちは。
あのテレビドラマはキャラ立ち過ぎの配役でした。
舞台出身の役者が多くて、演技が濃い方々が目白押しでした。
半沢効果で出演俳優さんの舞台が大入りになってます。
Posted by kinkacho at 2013年10月24日 23:34
>kinkachoさん。
片岡愛之助さんも大人気のようですね。
続編ドラマが楽しみです。
Posted by ふくちゃん at 2013年10月29日 19:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/376863477
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。