2014年01月09日

先生の隠しごと 僕僕先生




・内容(「BOOK」データベースより)
ボクはラクスの妻になることにしたよ−。蛮族と蔑まれ、虐げられる人々にとっての理想郷・ラクシア。その国を治める英雄王の突然の求婚に、僕僕が応じてしまった。なぜ。どうして。王弁は混乱するが、劉欣の助力を得て、光の国の謎に迫る。明かされる僕僕とラクスの関係。秘められた過去。先生、俺とあなたの旅は、ここで終わりですか・・・?急転直下のシリーズ第5弾!


 何でもお見通しの、美少女(の姿をした)仙人・僕僕先生。

 今作も神話の時代に遡る過去の僕僕先生の一端が垣間見える。

 しかし、今回はいつもと違い、心の揺らぎを見せる。

 それはラクシアという楽土のような独立国を治める王・ラクスに、神話の時代に理想を掲げて共に戦った神・拠比の面影を見たから。ラクスと結婚して、理想の国を作っていくのか・・・。

 だが、ラクスの理想の裏には・・・。

 展開は予想がつくのだが、それでも吸引力が凄くて、年末年始の実家で巻を措く能わず。

 ラクスが実は後の世のあの人だった・・・というのも面白い。読後感は少し切ない。

〔評価〕★★★★☆


 次は、『ウルトラマンメビウス アンデレスホリゾント』(朱川湊人・著/光文社文庫)。


posted by ふくちゃん at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー・幻想文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。