2014年01月14日

下町ロケット




・内容紹介
研究者の道をあきらめ、家業の町工場・佃製作所を継いだ佃航平は、製品開発で業績を伸ばしていた。そんなある日、商売敵の大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられる。圧倒的な形勢不利の中で取引先を失い、資金繰りに窮する佃製作所。創業以来のピンチに、国産ロケットを開発する巨大企業・帝国重工が、佃製作所が有するある部品の特許技術に食指を伸ばしてきた。特許を売れば窮地を脱することができる。だが、その技術には、佃の夢が詰まっていた−。男たちの矜恃が激突する感動のエンターテインメント長編!第145回直木賞受賞作。


以前も書いたが、雑食主義の僕も企業小説だけは基本的に読まない。読書の時ぐらいは、企業勤めとは関係ない世界にいたいのだ。

でも、『半沢直樹』シリーズ(『おれバブ』シリーズ)は面白かったし、『下町ロケット』は直木賞受賞作で、池井戸潤氏の代表作でもあるから、読んでみた。

さすがになかなか面白い。

ただ、『半沢直樹』に比べると、主人公に襲い掛かる苦難も悪役(敵役)もかなりマイルドである。

それだけ『半沢』よりも現実味があると言えるかもしれないし、長所と言うべきなのかもしれないが、カタルシスは弱まる。

『半沢』を読んでしまった後では、やや物足りない。

僕が気に入ったキャラクターは、銀行からの出向者で経理・財務を担当する殿村。四角四面で、多分銀行の方ばかり向いていて、中小企業などには愛情や理解などないだろうと思いきや・・・である。

帝国重工の財前もなかなかいい。

最初はいい印象を持てない感じで登場しながら、実は・・・というキャラは得だな。

〔評価〕★★★★☆


次は、『心に吹く風 髪結い伊三次捕物余話』(宇江佐真理・著/文春文庫)


posted by ふくちゃん at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。