2014年02月06日

宇宙戦艦ヤマト2199 4




・内容
時に西暦2199年−ガミラスの攻撃により、絶滅まで1年余りと迫った人類は、最後の希望を託し宇宙戦艦ヤマトを建造。遥か16万8千年光年の彼方、マゼラン銀河を目指し地球を旅立った。冥王星・敵最前線基地を叩いたヤマトは、太陽系を越えてついに外宇宙へと進路をとる。その最中、艦長・沖田の計らいで「赤道祭」が催され、乗組員らは各々家族との最後の通信が許される。しかし、故郷に残す者のいない古代は、自ら船外補修作業を買って出るのだが・・・。全世界賞賛の『宇宙戦艦ヤマト2199』完全コミカライズ!
(裏表紙より)


 第4巻だが、物語はまだまだ序盤。

 アニメとは若干異なる解釈や展開だが、それがなかなか良い。

 だが、「アニメの消化不良を補完してくれるから良い」という世評には疑問を覚える。

 確かに、アニメ版には尺の関係でカットされた部分があるようだし、説明不足に思える箇所はある。

 でも、反対にこの漫画版では説明し過ぎ、セリフで語り過ぎではないか・・・と感じる部分もある。

 余白が少ない、想像(妄想)で補うという楽しみの余地が少ないのだ。

 あと、ガンツの少年時代のエピソードは、意味が分からなかった。あれは何が起こったのだ?

 なんか、あまり褒めてないな。でも、独特の雰囲気があるし、丁寧な仕事に好感が持てる。

〔評価〕★★★★☆


 次は、『邪馬台 蓮丈那智フィールドファイルW』(北森鴻・浅野里沙子著/新潮文庫)。


posted by ふくちゃん at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。