2014年03月14日

フラニーとズーイ




・内容(「BOOK」データベースより)
名門の大学に通うグラス家の美しい末娘フラニーと俳優で五歳年上の兄ズーイ。物語は登場人物たちの都会的な会話に溢れ、深い隠喩に満ちている。エゴだらけの世界に欺瞞を覚え、小さな宗教書に魂の救済を求めるフラニー。ズーイは才気とユーモアに富む渾身の言葉で自分の殻に閉じこもる妹を救い出す。ナイーヴで優しい魂を持ったサリンジャー文学の傑作。− 村上春樹による新訳!


 野崎孝氏訳の『フラニーとゾーイー』(新潮文庫)を読んだはいつのことだったか。大学生の頃か?すると20年以上前だ。今も宝塚の家の本棚に置いてある。

 『大工よ、屋根の梁を高く上げよ/シーモア−序章』『ナイン・ストーリーズ』など共に。

 当時ほんとうに理解していたとは思えない。それでも置いてあるのは、何か魅力を感じたからだろう。

 そんな作品を村上春樹氏が『フラニーとズーイ』として訳すという。買わないわけにはいかない。

 ゾーイーかゾーイかズーイーかズーイか。アメリカでもまちまちらしい。

 どんな話か、すっかり忘れていたが、こんな話だったのか・・・。

 ストーリーは、特に面白いとは思えない。宗教的な話題もよく分からない(つまり今も本当は何が書かれているのか、分かっていない)。だが、饒舌文体好きとしては、そういうこととは関係なく、文章を読むことそのものが楽しいのである。

 フラニーもズーイもナイーブ。ナイーブであることは、別に否定されるべきものではない。芸術方面などに進めば、素晴らしいものを生み出せるかもしれない。でも、普通に生きていくには、少し鈍感なくらいが丁度いいな。

〔評価〕★★★☆☆


 次は『「弱くても勝てます」開成高校野球部のセオリー』(高橋秀美・著/新潮文庫)。


posted by ふくちゃん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典的名作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。