2014年06月06日

サヴァイヴ




・内容(「BOOK」データベースより)
団体戦略が勝敗を決する自転車ロードレースにおいて、協調性ゼロの天才ルーキー石尾。ベテラン赤城は彼の才能に嫉妬しながらも、一度は諦めたヨーロッパ進出の夢を彼に託した。その時、石尾が漕ぎ出した前代未聞の戦略とは−(「プロトンの中の孤独」)。エースの孤独、アシストの犠牲、ドーピングと故障への恐怖。『サクリファイス』シリーズに秘められた感涙必至の全6編。


 『サクリファイス』シリーズのスピン・オフ的短篇集。長篇の『サクリファイス』『エデン』の濃密な世界とはやや趣きが違い、すっきり淡麗なスポーツ小説。

 本編同様に白石誓が主人公の2篇。『エデン』同様にフランスのチームに所属している時の話と、さらにポルトガルのチームに移籍した後の話が、作品集の最初と最後を飾る。

 間に挟まれるのは、日本を舞台に『サクリファイス』で白石の所属チームのエースだった石尾の新人時代、エースになったばかりの頃、充分に力を擁しながらもピークを過ぎつつある時代などを描いた作品。そして、石尾の後のエース伊庭の話。

 そこにはいつも選手としての、コーチとしての赤城がいる。

 このシリーズを読むたびに、自転車ロードレースの奥深い世界に興味をひかれるのだが・・・。

 相変わらず日本ではマイナースポーツである。

 それはともかく、厳しいロードレースの世界の中に生きる人間の機微が心憎いほど、細やかにリアルに描かれている。無論、僕には実感としては理解できない世界だが、この作品を通じて想像を馳せることができる。

 いずれ、時代小説にも挑戦してほしい。

〔評価〕★★★★★


 次は『魔物が棲む町 物書同心居眠り紋蔵』(佐藤雅美・著/講談社文庫)。


posted by ふくちゃん at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。