2014年06月30日

ムカシ×ムカシ




・内容(「BOOK」データベースより)
「やっぱり、河童の祟りですか?」大正期、女流作家の百目一葉を世に出した旧家・百目鬼家。当主の悦造・多喜夫妻が、広大な敷地に建つ屋敷で刺殺された。遺された美術品の鑑定と所蔵品リストの作成依頼がSYアート&リサーチに持ち込まれる。河童が出るという言い伝えがある井戸から、新たな死体が発見され、事件は、異様な連続殺人の様相を呈し始めるのだった。百目鬼一族を襲う悲劇の辿りつく先は?


 あまりに刊行間隔が長いので(なんせ前作は6年前だ)、ここまでのストーリーやら設定やらを忘れてしまう。

 それでも読んでいるうちにぼんやり思い出してくるのだが、心許ない。

 今回は(今回も?)全然ミステリっぽくない。名推理もないし、トリックもないし。

 だが、犯人がなぜ殺人を犯したのか、その理由が明らかになったときの苦みが何とも言えない。後味は良くないのだが。そこが良い。

 最後の方で「そうか、椙田の正体って、あのシリーズのあの人か!気づいた!」と思ったのだが、過去のブログを確認したら、2007年の第1作を読んだときに同じことを書いてあった(笑)。

〔評価〕★★★☆☆


 次は『ラバー・ソウル』(井上夢人・著/講談社文庫)。


【関連する記事】
posted by ふくちゃん at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。