2014年07月30日

東京プリズン




・内容(「BOOK」データベースより)
日本の学校になじめずアメリカの高校に留学したマリ。だが今度は文化の違いに悩まされ、落ちこぼれる。そんなマリに、進級をかけたディベートが課される。それは日本人を代表して「天皇の戦争責任」について弁明するというものだった。16歳の少女がたった一人で挑んだ現代の「東京裁判」を描き、今なお続く日本の「戦後」に迫る、毎日出版文化賞、司馬遼太郎賞、紫式部文学賞受賞作!


 単行本刊行時に話題を呼んだ作品。ということで、赤坂真理氏は初読みである。

 日本で食うや食わずの翻訳家となったマリが電話で、アメリカ北部の閉塞感漂う寒さ厳しい田舎でホームステイする16歳の自分と繋がる。

 時にマリは、戦後まもない頃の母親が見たであろう占領下の日本を幻視する。

 そして、リトルピープルや大王〔オオキミ〕、マリに食されたヘラジカがマリに話しかける。

 こういう村上春樹氏を連想させる語りは、それなりに楽しいのだが・・・。

 大東亜戦争、東京裁判、戦後、日米関係、天皇制の問題について、右の言説にも左の言説にも普通の人の感覚と言葉で痛撃を与える作品を期待していたのだが、グダグダの小説にしか思えなかった。

〔評価〕★★☆☆☆


 次は『思い出のマーニー』(ジョージ・G・ロビンソン著/高見浩・訳/新潮文庫)


posted by ふくちゃん at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 純文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。