2014年09月27日

今宵、バーで謎解きを




・内容(「BOOK」データベースより)
渋谷区のバー“森へ抜ける道”。マスターの島のもとには探偵の工藤、ライターの山内が集う。彼らは通称ヤクドシトリオ。そして店の奥には美人大学院生・桜川東子が静かに佇む。ワイングラスを傾けながら興じるのは、脱力系よもやま話と未解決事件。東子はギリシャ神話の大胆な解釈で事件の謎を華麗に解く。7つの短編で贈る、大人気バー・ミステリシリーズ第3弾。


 シリーズ第1弾『九つの殺人メルヘン』は面白かった。第2弾は多分読んでいない。

 で、この第3弾を読んだ結果、遡って第2弾も読もうと思ったかというと、NO。

 なんか、かなりテキトーな感じがした。

 ヤクドシトリオのやりとりは楽しいが、それだけではね。

 バーでの会話から真相を見抜く安楽椅子探偵モノといえば、同じ著者の早乙女静香シリーズもあるが(こちらは事件ではなく歴史の真実を暴く)、あれも第3弾はイマイチだった。

 それだけ難しいスタイルなのかも。

〔評価〕★★☆☆☆


 次は、『ジロンド派の興亡 小説フランス革命10』(佐藤賢一・著/集英社文庫)。


【関連する記事】
posted by ふくちゃん at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。