2014年10月28日

突変




・内容(「BOOK」データベースより)
関東某県酒河市一帯がいきなり異世界に転移(突然変移=突変)した。ここ裏地球は、危険な異源生物が蔓延る世界。妻の末期癌を宣告された町内会長、家事代行会社の女性スタッフ、独身男のスーパー店長、陰謀論を信じ込む女性市会議員、ニートの銃器オタク青年、夫と生き別れた子連れパート主婦・・・。それぞれの事情を抱えた彼らはいかにこの事態に対処していくのか。特異災害SF超大作!


 WEB『本の雑誌』で激賞されていたので、購入。読んだことはないが、人気スペースオペラ『星界の紋章』シリーズの著者らしいので、期待したが・・・。

 裏切られた。

 非日常的異世界に文字通り町と共に突然放りこまれた人々の「日常」を描くということで、アンチクライマックス的な起伏の少ないストーリーはまあ良い。

 いや、一応は異源生物との攻防というクライマックスはあるが、全くドキドキしない。

 日本国内で裏地球側に裏返ったのは、沖縄の久米島、関西広域に続き、今回の舞台である関東某県酒河市が三例目であるのに、なぜ裏日本に既に国の関東事務所があり、裏日本の房総半島あたりで事業が行われているのか。

 結局のところ、ほぼ名前だけの登場に過ぎなかった銀座城はどんな組織なのか。

 世界を理解するためのディテールが足りない。だから、リアリティが立ち上がってこない。

 登場人物に魅力がなく、感情移入できる存在がいない。

 結末も半端。

 巻末解説も絶賛しているが、全く同意できない。

 ひょっとすると続編があり、いろんなことが徐々に明らかにされるのかもしれないが、もう読まないだろう。

〔評価〕★☆☆☆☆


 次は『宇宙戦艦ヤマト2199 5』(むらかわみちお・著/角川コミックエース)


posted by ふくちゃん at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。