2014年11月30日

ナミヤ雑貨店の奇蹟




・内容(「BOOK」データベースより)
悪事を働いた3人が逃げ込んだ古い家。そこはかつて悩み相談を請け負っていた雑貨店だった。廃業しているはずの店内に、突然シャッターの郵便口から悩み相談の手紙が落ちてきた。時空を超えて過去から投函されたのか?3人は戸惑いながらも当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書くが・・・。次第に明らかになる雑貨店の秘密と、ある児童養護施設との関係。悩める人々を救ってきた雑貨店は、最後に再び奇蹟を起こせるか!?


 東野圭吾作品史上、もっとも泣ける感動ミステリー・・・という触れ込みだが、この小説をミステリーと呼ぶのは抵抗がある。ファンタジーにカテゴリした。

 さすがに、物語の構成はとてもよく出来ている。が、出来過ぎている。

 全てが広いように見えて、実は狭い範囲の人間関係・因果関係の中に納まる。上手いけど、広がりがない。

 この物語の主役は、冒頭から登場する若者3人ではなく、かつてのナミヤ雑貨店の店主・浪矢さんだと思うが、それにしても3人の人物描写が薄すぎるのではないか。

 ナミヤ雑貨店で遭遇した不可思議な経験が、なぜ3人を更生に導くことになるのか、もうひとつ納得しきれなかった。

〔評価〕★★★☆☆


 次は、『最後のトリック』(深水黎一郎・著/河出文庫)。


posted by ふくちゃん at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー・幻想文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。