2014年12月24日

探偵の探偵




・内容(「BOOK」データベースより)
中堅調査会社が併設する探偵養成所に、決して笑わぬ美少女・紗崎玲奈が入校する。探偵のすべてを知りたい、しかし探偵にはなりたくない、という彼女には、自分から言えぬ過酷な過去があった。調査会社社長・須磨は玲奈の希望を汲み、探偵を追う“対探偵課”の探偵として彼女を抜擢した。怒涛の書下ろしシリーズ開幕。


 最近は『鑑定士Q』シリーズが話題の著者だが、僕にとっては松岡圭祐氏といえば『催眠』や『千里眼』シリーズである。

 もっとも『千里眼』は、シリーズが進むにつれて、どんどん大がかりかつ荒唐無稽になり、最後の方で離れたが・・・。

 ということで、『千里眼』シリーズ以来の松岡作品である。


 主人公・紗崎玲奈が「探偵になる気はないが、探偵の全ての知りたい」という、その理由。

 そこに危うさを感じた探偵学校の校長=調査会社スマ・リサーチの社長・須磨が彼女を雇うために作った、悪徳探偵業者を追いかけるための「対探偵課」。

 この設定は非常に良い。

 探偵業界の内幕、探偵テクニックの描写も、(小説としての嘘も当然混ざっていると思うが)興味深い。


 しかし・・・。

 作家としてデビューして、もうベテランといえる年数と作品数だと思うが、文章力は向上していない。

 三人称視点のはずの地の文に、一人称視点が混入する。

 言葉の誤用、おかしな表現がある。

 個性的・独創的・実験的な文体と言えるものではなく、単なる注意力欠如の結果だと思う。


 人物の出し入れも下手。

 明らかな罠に嵌る主人公。

 大物っぽく描かれているが、ヘマばかりで小物の悪役。


 魅力的なプロットを、もっと筆力のある作家に売って作品化してもらえば、はるかに面白くなっただろうに。

 この作品を褒める書評家や有名書店員の見識を疑う。


〔評価〕☆☆☆☆☆(星ゼロ)


 次は、『屍者の帝国』(伊藤計劃+円城塔・著/河出文庫)。


【関連する記事】
posted by ふくちゃん at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。