2015年03月16日

ヴァン・ショーをあなたに




・内容(「BOOK」データベースより)
下町のフレンチレストラン、ビストロ・パ・マル。フランスの田舎で修業した変人シェフの三舟さんは、実は客たちの持ち込む不可解な謎をあざやかに解く名探偵。田上家のスキレットはなぜすぐ錆びる?ブイヤベース・ファンの女性客の正体は?ミリアムおばあちゃんが夢のように美味しいヴァン・ショーを作らなくなったわけは?シェフの修業時代も知ることができる魅惑の一冊。


 『タルト・タタンの夢』に続く“ビストロ・パ・マル”シリーズ第2弾。

 今作では、一流シェフにして名探偵の三舟のフランス修行時代も描かれる。

 日常の謎系のミステリだが、ほのぼの感動・・・だけでなく、時折苦みも混じる作品があるのが良い。

 そして、詳しくレシピを解説するわけでも、薀蓄を披露するわけでもないのに、登場する料理や調理の場面の旨そうなこと。

 長い間、フレンチやイタリアンのちゃんとした料理店に行ってないなぁ・・・。


〔評価〕★★★★☆


次は、『夜の床屋』(沢村浩輔・著/創元推理文庫)。


【関連する記事】
posted by ふくちゃん at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。