2015年03月29日

夜の国のクーパー




・内容(「BOOK」データベースより)
目を覚ますと見覚えのない土地の草叢で、蔓で縛られ、身動きが取れなくなっていた。仰向けの胸には灰色の猫が座っていて、「ちょっと話を聞いてほしいんだけど」と声を出すものだから、驚きが頭を突き抜けた。「僕の住む国では、ばたばたといろんなことが起きた。戦争が終わったんだ」猫は摩訶不思議な物語を語り始める − これは猫と戦争、そして世界の秘密についてのおはなし。


 いつもどこか不可思議なムード漂う伊坂作品。

 今作は完全にファンタジーと言っても良いと思う。なにせ猫が擬人法によってではなく、普通に“私”と会話し(当然ながら当初の“私”は驚き戸惑う)、猫は鼠と会話するのだから(それだけがこの作品をファンタジーと呼ぶ理由ではないが、ネタバレになるので秘す)。

 一方で、ミステリ同様に(でもミステリとは違うタイプの)鮮やかな伏線とその回収がある。


 猫と鼠の関係性は、猫の“僕”の住む国と侵略してきた鉄国との関係性との相似性を示すことに途中で気付いた。私が気付くぐらいだから、他の読者もきっと気付く。

 しかし、物語は「分かった!」と思った私の想像・予想の遥か上を行く。


 序盤から軽く違和感を覚える箇所がいくつもあるのだが、あまりに些細なことなので、見過ごしつつ先へ先へと読み進む。

 まさかこんな話だったとは・・・とあっけに取られて、違和感を覚えた箇所を再確認。

 すがすがしいほど、見事にやられた。


 怖い物語でもある。

 戦争というもの。

 人が権力者に支配されること。

 それがどういうことか。

 外に敵を作って、団結を促して支配する。

 いろんな国の権力者がやっていることそのままである。


〔評価〕★★★★☆


 次は『音楽の進化史』(ハワード・グッドール著/夏目大・訳/河出書房新社)


posted by ふくちゃん at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー・幻想文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。