2015年04月02日

音楽の進化史




・内容(「BOOK」データベースより)
音楽はなぜ誕生し、どのようにより豊かで多様なものへと変化したのか?楽器や楽譜、音階や和音の発明など、作曲家である著者が、旧石器時代から現代に至る4万年の音楽史を一望する決定版!


 久しぶりに小説以外の本。

 48歳を目前に趣味のギター弾きを復活させてから、いったい誰が和音(コード)を発明したのか、気になっていた。

 アコースティック・ギターというのは、本当に不思議で偉大な楽器である。ただコード(和音)をボローンと弾いて歌うだけでも、ある程度様になる。そんな楽器は他にない。

 コードの発明者は、ピタゴラス・・・という説もあるらしい。

 この本を読んでも、誰が発明したのか、最初に音を重ねことを思いついた人物は、特定されていないかった。

 とにかく、1200〜1350年には、複数の音を重ねて使うことは行われていた。1400年には、イギリスの作曲家ジョン・ダンスタブルが、オクターブ(1度・8度)、完全4度、完全5度の組み合わせを発見。後に、3度の組み合わせと三和音も発見され、和音進行の概念も生まれる。

 15世紀には、フランスのジョスカン・デ・プレが調(キー)とカデンツ(曲の終わりを予感させる和音進行)を導入。

 17世紀には、ルート音(根音)の移動が導入される。有名な例は、パッヘルベルのカノン進行。日本のヒット曲のほとんどに使われているということで、マキタスポーツがネタにしていたアレである。

 しかし、決まったパターンを好むのは、何もJ-popだけの話ではない。

 17〜18世紀のクラシック音楽でも、パッサカリア(例えばI-IV-V-I)など特定のコード進行が好んで使われたらしい。また、五度圏と呼ばれるコード進行も多用され、1人で何千回も使用する作曲家もいたとのことである。

 18世紀後半には、スリーコードでの作曲が流行(ロックはまだ誕生していない。クラシックの話である)。

 19世紀には、土着の民俗音楽からのメロディー拝借も盛んだった。

 つまり、ワンパターンとか、パクリというものは、西洋クラシック音楽の歴史の中でも、普通に、当たり前に行われてきたことであり、恥ずかしいことでもなんでもないことだったのだ。

 自作メロディーの使いまわしも普通のことだったらしい。

 ちなみに、この本には書いていないが、アメリカの初期のフォークソングでは、黒人霊歌からのメロディー借用が堂々と行われていたらしい(“悪いこと”とはされてない)。

 この本の大部分は、西洋クラシック音楽に関する話だが、そこから派生してきたジャズやロックロールにも触れている。クラシックとジャズ、ロック、ポップスは親戚関係なのである。

 コードをかき鳴らすだけのバッキング用楽器だったエレキギターで初めてメロディーを弾き、チョーキングを発明し、リード楽器にしたのは、1939年のチャーリー・クリスチャンという人の演奏だと、この本で初めて知った(Wikiによると、ベニー・グッドマン楽団のジャズ・ギタリストで、ジャズ・ギターの開祖と言われる)。

 現役の音楽である著者は、東洋音楽にも敬意を払い、西洋音楽の優位性を主張しているわけではない。音楽は世界で同時発生的に起こり、進化し、相互に影響を与えていたのだろう。

 音楽をやっている人(と言っても、私は素人に毛が生えた程度)なら、クラシックに詳しくない人(私だ)でも、楽しめる1冊だと思う。高いけど。

〔評価〕★★★★☆


 次は、『スカル・ブレーカ』(森博嗣・著/中公文庫)。


posted by ふくちゃん at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。