2015年04月30日

フロム・ミー・トゥ・ユー 東京バンドワゴン




・内容(「BOOK」データベースより)
今から30年前、突然、我南人が「この子ぉ、僕の子供なんだぁ」と生まれたての青をつれて帰ってきた − (「紺に交われば青くなる」)。20歳の亜美が旅先の函館で置き引きに遭う。たまたま同じボストンバックを持っていた紺にいきなりの跳び蹴り。それが二人の出逢いだった(「愛の花咲くこともある」)など、「東京バンドワゴン」シリーズの知られざる過去のエピソードが明かされる全11編。


 今作は番外編。というか外伝というか。

 本編より前の、本編では描かれていない、大家族とその周囲のレギュラー・キャラクター達のエピソード。

 こういうの、シリーズのファンとしては嬉しい。

 でも、短編の名手とは呼べないかなぁ・・・。

〔評価〕★★★☆☆


 次は、『一路(上・下)』(浅田次郎・著/中公文庫)。


posted by ふくちゃん at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。