2015年05月04日

一路(上・下)




・上巻内容(「BOOK」データベースより)
失火により父が不慮の死を遂げたため、江戸から西美濃・田名部郡に帰参した小野寺一路。齢19にして初めて訪れた故郷では、小野寺家代々の御役目・参勤道中御供頭を仰せつかる。失火は大罪にして、家督相続は仮の沙汰。差配に不手際があれば、ただちに家名断絶と追い詰められる一路だったが、家伝の「行軍録」を唯一の頼りに、いざ江戸見参の道中へ!

・下巻内容(「BOOK」データベースより)
中山道を江戸へ向かう蒔坂左京大夫一行は、次々と難題に見舞われる。中山道の難所、自然との闘い、行列の道中行き合い、御本陣差し合い、御殿様の発熱…。さらに行列の中では御家乗っ取りの企てもめぐらされ − 。到着が一日でも遅れることは御法度の参勤交代。果たして、一路は無事に江戸までの道中を導くことができるのか!


 浅田次郎氏、初読み。

 どうせ初読みなら、代表作を読むべきかもしれないが・・・。

 どうも、扱っている題材や舞台や時代が、私の好みからずれているのが理由かな。

 今作は江戸時代ということで、参勤交代が題材というのも興味深いので手に取った。

 1か月ほど前に文庫が刊行された『超高速!参勤交代』(映画の脚本家が自ら小説化して公開前に単行本出版)と迷ったが、どうせなら、有名作家の作品を読もうと。

 適度に笑えて、適度に涙腺を刺激する。

 さすがは練達。一気に読ませる。

 でも、馬と馬が会話したり、妙にデフォルメされたキャラクタがいたりで、そのあたりはちょっと醒める(むろん著者は意識してやっているわけだが)。

〔評価〕★★★☆☆


 次は『あと少し、もう少し』(瀬尾まいこ・著/新潮文庫)。


posted by ふくちゃん at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・時代小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。