2015年05月11日

あと少し、もう少し




・内容(「BOOK」データベースより)
陸上部の名物顧問が異動となり、代わりにやってきたのは頼りない美術教師。部長の桝井は、中学最後の駅伝大会に向けてメンバーを募り練習をはじめるが…。元いじめられっ子の設楽、不良の大田、頼みを断れないジロー、プライドの高い渡部、後輩の俊介。寄せ集めの6人は県大会出場を目指して、襷をつなぐ。あと少し、もう少し、みんなと走りたい。涙が止まらない、傑作青春小説。


 久々の瀬尾作品。

 中学駅伝大会の1区から6区を走るランナー達の回想で物語は進んでいく。

 周囲に与える印象と自分が考える自分のギャップ。他人からは見えない本当の自分。他人によって初めて気づかされる、本当の自分。

 上手いだんけど・・・。

 なんか全般的に浅い。

 どろどろしない、大げさにならないのが、瀬尾さんの良いところだが、今作についてはもっと葛藤あって良いと感じた。

〔評価〕★★★☆☆


 次は・・・未定。


posted by ふくちゃん at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 青春小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。