2015年07月21日

リカーシブル




・内容(「BOOK」データベースより)
越野ハルカ。父の失踪により母親の故郷に越してきた少女は、弟とともに過疎化が進む地方都市での生活を始める。だが、町では高速道路の誘致運動を巡る暗闘と未来視にまつわる伝承が入り組み、不穏な空気が漂い出していた。そんな中、弟サトルの言動をなぞるかのような事件が相次ぎ・・・。大人たちの矛盾と、自分が進むべき道。10代の切なさと成長を描く、心突き刺す青春ミステリ。


 転生を重ねる姫の民話。民話を調べる人間に降りかかる災厄や死。それらを見通すような弟サトルの未来視。

 少し不思議で超常現象的な物語。

 しかし、ミステリだから、一応論理的な解決はある。

 でも完全な解決ではなく、あえて割り切れない謎を残すところがいい。

 主人公ハルカの思考や語彙は、確かに中1らしくない。

 だが、読んでいるうちに全く気にならなくなる。こういう中学1年生は絶対にいない、と言い切ることは僕にはできない。

 少なくとも、こういう感性や視点を持つ中学生がいても不思議ではない。

 ハルカのどこかハードボイルドな語りが面白くて、哀しい。

〔評価〕★★★★☆


 次は、『烏に単は似合わない』『烏は主を選ばない』(阿部智里・著/文春文庫)。


【関連する記事】
posted by ふくちゃん at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。