2015年08月08日

何者




・内容紹介
就職活動を目前に控えた拓人は、同居人・光太郎の引退ライブに足を運んだ。光太郎と別れた瑞月も来ると知っていたから−。瑞月の留学仲間・理香が拓人たちと同じアパートに住んでいるとわかり、理香と同棲中の隆良を交えた5人は就活対策として集まるようになる。だが、SNSや面接で発する言葉の奥に見え隠れする、本音や自意識が、彼らの関係を次第に変えて・・・。直木賞受賞作。


 『桐島、部活やめるってよ』を読んで以来、気になる若手作家であるが、何となく以降の新作を読まずにここまで来た。

 音楽に関しては、40後半を越えてから、20代のミュージシャンの作品に心を動かされることが減ってきた。自分の感受性が摩耗している可能性もあるし、世代ギャップのせいもあるかもしれないが、正直なところ、一部を除いて幼稚で深みのないものに聞こえるのだ。特に詞の世界が。

 ということで、最近の若手アーティストの曲はほぼ聞かない。

 朝井リョウ氏に食指が伸びないのも、同じような理由かも・・・。

 とはいえ、『桐島〜』は結構好きだったから、自分のことながら、的を射ない分析かな。

 さて、おっさん世代から見ると、本作の特徴はツイッターを取り入れていることだろうか。まるで登場人物紹介のように、最初に彼等と彼女達のツイッターのプロフィールがまとめられている。

 作品中にもつぶやきが挟み込まれる。

 若者らしい、自意識過剰な痛い呟きである。

 その甘ちゃんな感じが、読んでいてムカムカする(笑)。

 昔の自分もこんなもんだったのだろう。

 60代の自分から見る、今の自分もそうかも。

 そんなわけで、あまり楽しめず、登場人物の誰にも共感も感情移入もできず、グダグダ感満載の読書だったのだが、最後にガツン!と来た。

 意識高い系に見せるためのツイッター用に装ったものではない、痛切で真っ直ぐで、ある意味で醜い、リアルな感情が初めて飛び出し、他人にぶつけられる瞬間である。

 そこが良かった。

〔評価〕★★★☆☆


 次は、『三国志 第十巻〜第十二巻』(宮城谷昌光・著/文春文庫)。


posted by ふくちゃん at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 青春小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。