2015年08月26日

散華ノ刻/木槿ノ賦 居眠り磐音江戸双紙41・42




・散華ノ刻 内容(「BOOK」データベースより)
春風が江戸に桜の季節を告げる頃、坂崎家では豊後関前から父正睦、母照埜を小梅村に迎えて親子三代、賑やかな日々を送っていた。関前藩の物産事業に絡む内紛の始末がつかぬまま、富士見坂の江戸藩邸を訪れた磐音は、藩主福坂実高の正室お代の方の変わり果てた姿を目の当たりにして・・・。春風駘蕩の如き磐音が許せぬ悪を討つ、超人気書き下ろし長編時代小説第41弾。

・木槿ノ賦 内容(「BOOK」データベースより)
天明3年盛夏、隅田川左岸の小梅村で穏やかな暮らしを送る坂崎磐音は、参勤上番で江戸に出府する関前藩主一行を出迎えるため、父正睦とともに六郷土手でその到着を待っていた。旧主福坂実高との再会を果した磐音だったが、随行してきた一人の若武者から思わぬ申し出を受ける。春風駘蕩の如き磐音が許せぬ悪を討つ、超人気書き下ろし長編時代小説第42弾。


 49巻の発売に合わせて、当シリーズが51巻で完結することが発表された。

 ということもあり、例によって買いたい文庫本が一時的に途絶えたこともあり、久々に磐音シリーズを購入。

 完結に備えて、そろそろ追い付いておこうという気持ちもある。

 前作『春霞ノ乱』を読んだのは昨年の6月頃だが、『散華ノ刻』『木槿ノ賦』との豊後関前藩お家騒動三部作であったのだ。

 よく騒動が起きる藩である(笑)。

 だが、シリーズが江戸の市井における浪人剣客の日常から対田沼抗争に移ってからは、いろんな意味で辛かったが(単純に面白くない・・・ということではない)、江戸編に戻ってからは安心して読める。

 ガキんちょだった幸吉が立派な大人になっていたりするのも、長期シリーズの良さかな。10年以上も書き続けるというのは、ともあれ一つ達成だと思う。

〔評価〕★★★☆☆


 次は『at Home』(本多孝好・著/角川文庫)。


posted by ふくちゃん at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・時代小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。