2015年09月02日

at Home



・内容(「BOOK」データベースより)
父は泥棒、母は結婚詐欺師。僕はパスポート偽造屋で働いており、弟はゲームの中で世界を救ってばかりいる。一家はそれなりに平和に暮らしていたが、ある日、母が結婚詐欺のターゲットに逆に誘拐されてしまう。犯人に呼び出された父と僕は、偽札が詰まった紙袋を持って母を助けに向かうが−。巧妙な伏線が張り巡らされ、驚きと涙なくしては読めない結末を迎える表題作を始め、現代の家族のかたちを描ききった傑作小説集。


 本多孝好氏の作品はいくつか読んでいるが、達者な人である。

 この作品は未読だったか、映画化されたということで、購入してみた。てっきり長篇かと思っていたが、『at Home』は4つの中篇の1つ。

 わりに突飛な設定で家族という厄介なものを描いた4篇だが、小説ゆえに受け入れられる。

 「こんなことは現実にありえない」と思う人は、小説を読んだり、映画を見たりする必要はない(笑)。現実だけを生きれば良いのだ。

 フィクションの中では(ほぼ)何でも許される。

 この作品もありえないようでいて、こんな家族関係もあるかもなぁ、あってもいいよなぁと思わせる。ほっこり、にんまりである。よく考えると(よく考えなくても)、陰惨なことも描かれているのだが。

 それにしても、この小説に限らず、映画でもそうだが、“涙”“泣ける”という宣伝文句はいかがなものか。いいかげんにしてもらいたい。

〔評価〕★★★☆☆


 次は『プリズムの瞳』(菅浩江・著/創元SF文庫)。


posted by ふくちゃん at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。