2015年09月13日

ロスジェネの逆襲




・内容(「BOOK」データベースより)
子会社・東京セントラル証券に出向した半沢直樹に、IT企業買収の案件が転がり込んだ。巨額の収益が見込まれたが、親会社・東京中央銀行が卑劣な手段で横取り。社内での立場を失った半沢は、バブル世代に反発する若い部下・森山とともに「倍返し」を狙う。一発逆転はあるのか?大人気シリーズ第3弾!


ドラマ化された過去の2作と比較すると、敵に強さがなく、半沢のピンチ度もそれほどではない。

ドキドキ・ハラハラは控えめであった。

それでも親会社・東京中央銀行が横取りした電脳雑技集団による東京スパイラルの買収に対して、東京スパイラルの買収防衛に協力する半沢がどのように対抗するのか、先が気になって1日で一気読みしてしまった。

次作の方が、敵が厄介そうで、楽しみだ。

〔評価〕★★★☆☆


次は、『ヨハネスブルクの天使たち』(宮内悠介・著/ハヤカワ文庫)。


posted by ふくちゃん at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。