2015年11月05日

宇宙戦艦ヤマト2199(7)




・内容紹介(Amazon)
猛将ドメル参戦!次元潜航艦、強襲!ついにガミラスからの本格的な攻撃が幕を開ける! 巻末には好評の作品設定企画も充実した、ヤマト2199公式コミカライズ第7巻!


 アニメは『2』『愛の戦士たち』を基にした続編の製作が決定したらしい。嬉しいが、来年というのは早過ぎるのではないか。

 じっくりやってほしいのだが。

 さて、7巻はフラーケン、ドメルの参戦。デスラー暗殺。

 戦闘シーンの迫力は、どうしてもアニメに譲る。

 アニメのメルダの私服がヒップホップ・ファッションみたいで気に食わなかったという(笑)、むらかわ氏。女の子らしい服を着て、お付きの者を「じい」と呼んでいるが、違和感を覚える。

 彼女はガミラス帝国幹部の娘だから、確かに上流階級の人間ではあるが、優秀な戦闘機乗りであり、誇り高い軍人だから。

 アニメの衣装については普通の私服というより、お忍びのための姿と私は理解している。

 島と山崎・徳川のやりとりも、少しピンと来ない。島を何発も殴る姿、やたらに語る姿は、徳川には似つかわしくない。黙々と背中で語る、実際の仕事ぶりで語る、そんなイメージなのだ、僕の中の徳川は。

〔評価〕★★★☆☆


 次は、『彼女は一人で歩くのか?』(森博嗣・著/講談社タイガ)。


posted by ふくちゃん at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。