2015年12月07日

ノックス・マシン




・内容(「BOOK」データベースより)
2058年4月、上海大学で20世紀の探偵小説を研究していたユアン・チンルウは、国家科学技術局から呼び出される。博士論文のテーマ「ノックスの十戒」第5項が、史上初の双方向タイムトラベル成功に重要な役割を担う可能性があるというのだ。その理由を探るべく、実験に参加させられた彼が見たものとは―。表題作「ノックス・マシン」、名探偵の相棒たちが暗躍する「引き立て役倶楽部の陰謀」などを含む中篇集。


 えせミステリー・マニアなので、ノックスの十戒もヴァン・ダインの二十則も、この作品を読むまでちゃんと知らなかった。

 ミステリ勃興期へのオマージュと薀蓄に溢れたSF作品。法月綸太郎といえば、ミステリ作家。でも、こんなSFも書けるんだな。さすが京大卒。

 SFパートは難しくて理解できないところもあるけど、こんな小説を書く発想が素晴らしいし、アガサ・クリスティやエラリー・クイーン等々、古典(黄金期)ミステリを激しく読みたくなること、請け合い。

 でも、多分、読まないけど(笑)。

〔評価〕★★★☆☆


 次は、『なごり歌』(朱川湊人・著/新潮文庫)。
posted by ふくちゃん at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430836734
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。