2015年12月13日

なごり歌




・内容(「BOOK」データベースより)
昭和48年、小学校3年生の裕樹は県境に建つ虹ヶ本団地に越してきた。一人ぼっちの夏休みを持て余していたが、同じ歳のケンジと仲良くなる「遠くの友だち」。あなたの奥さまは私の妻なんです−。お見合い9回の末やっと結婚にこぎつけた仁志が突然現れた男にそう告げられる「秋に来た男」。あのころ、巨大団地は未来と希望の象徴だった。切なさと懐かしさが止まらない、連作短編集。


 昭和40年代。団地。

 まさに、自分世代のどストライクの舞台設定。でも、僕が中学生の頃には、もう団地よりも一戸建ての方が“夢”の象徴だったなぁ。

 巨大な団地を舞台にした連作短篇。

 どの話も少しずつ不思議で物哀しい、ノスタルジックな世界。

 ひょっとして、川辺さんはこの世の人ではないんじゃないか・・・と思ってたら・・・連作短篇の最後は、意外な展開。

 最後にこんな重い話は・・・と思っていたが、読後感はさすが。

〔評価〕★★★★☆


 次は、『教場』(長岡弘樹・著/小学館文庫)
posted by ふくちゃん at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー・幻想文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431124320
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。