2015年12月28日

本能寺遊戯




・内容(「BOOK」データベースより)
扇ヶ谷姫之、朝比奈亜沙日、そして交換留学生アナスタシア・ベズグラヤ(通称:ナスチャ)は日本史好きの高校生。事あるごとに日本史談義を続け、ついには歴史雑誌『ジパング・ナビ!』の新説公募企画にそれぞれが投稿、入選と賞金を狙う。本能寺の変の真相、ヤマトタケルと剣の謎、大奥の秘密など、女子高生“歴女”3人組の魅力的な新解釈を、気鋭の著者が連作ミステリで贈る。


 いくら女子高生3人組が主人公だからって、この表紙はないよな〜。購入するオッサンの身になってほしいよ(笑)。

 歴史の謎の真相を探るミステリ。主要客はオッサンでしょ〜?

 歴女の皆さんも買うのかな?

 著者の歴史の謎に関するスタンスは、あとがきで表明されていて、いわゆる陰謀史観や史実の都合の良いところだけをつまみ食いした“歴史への真相”に対しては、誠に辛辣である。

 しかしながら、ここで開陳される本能寺の変などの意外な真相(?)は、楽しい。

 難点は、似通った人物名が頻発することと、家系など人間関係が複雑でややしいこと。こればっかりは現実(史実)がそうだったんだから、仕方がない言えば仕方がない(笑)。

 作品内で言及されているが、歴史ドラマで登場人物を減らして分かりやすく改変するのも、むべなるかな。

〔評価〕★★★☆☆


 次は『残り全部バケーション』(伊坂幸太郎・著/集英社文庫)。
【関連する記事】
posted by ふくちゃん at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431811098
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。