2013年01月24日

神様のカルテ2




・内容(「BOOK」データベースより)
栗原一止は、夏目漱石を敬愛する信州の内科医だ。「24時間、365日対応」を掲げる本庄病院で連日連夜不眠不休の診療を続けている。4月、東京の大病院から新任の医師・進藤辰也がやってくる。一止と信濃大学の同級生だった進藤は、かつて“医学部の良心”と呼ばれたほどの男である。だが着任後の進藤に、病棟内で信じがたい悪評が立つ。失意する一止をさらなる試練が襲う。副部長先生の突然の発病 − この病院で、再び奇蹟は起きるのか。


 現代医療は、過酷な労働条件に耐えて頑張る医師や医療スタッフに支えられている・・・すべての医療機関、すべての医師・医療スタッフがそういう状況ではなくても、確実に存在はするであろう現状への問いは重い。

 が、例によって軽妙に読める。

 良い点でもあるし、そこが魅力だが、上に書いた問題を訴求する力は弱くなると思う。

 今作では、古狐先生こと副部長の内藤先生のエピソードが非常に良い。

 一方で、進藤の妻・千夏に関するエピソードは、一止、進藤、千夏の3人の大学時代の話は良いとして、肝心の今の大きな問題に対する解決(の方向性)が安易である。これで終わりではなく、この先をいずれ描いて欲しいと思う。

 御嶽荘の新住人“屋久杉”君のエピソードも、最後はやや安直かな・・・という気がした。

 全体の長さがこれでは仕方がないと思うが、少しエピソードを詰め込み過ぎでは?


〔評価〕★★★☆☆


 次は『解錠師』(スティーブ・ハミルトン著/越前敏弥・訳/ハヤカワ・ミステリ文庫)。


ラベル:解錠師
posted by ふくちゃん at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

その日まで 紅雲町珈琲屋こよみ




・内容(「BOOK」データベースより)
コーヒー豆と和食器の店「小蔵屋」の近くに、ライバル店「つづら」が開店した。つづらは元和菓子屋だったが、近隣では経営難のオーナーから詐欺まがいの手口で土地家屋を買い叩く業者グループがいるという噂がある。小蔵屋を営む気丈なおばあちゃん・杉浦草は、背景を調べ始めるが・・・。


 『萩を揺らす雨』の続編である。『萩を〜』は「日常の謎系ミステリ小説」だったが、シリーズ第2弾の本作は、ただ「日常を描いた小説」である。

 一応は多少の謎とその真相・・・みたいなものもあるが、作品の魅力とは特に関係ない。

 描かれているのは老境を迎えた、自営業を営む女性の日常である。大きな事件はない。人生に対する感慨、日々の仕事、店員や常連客との関わり、何気ない情景の描写。それだけのことが、とても魅力的である。ただ、若い人には、共感されにくいかも。ある程度、人生経験を積んだ大人向けの小説である・・・とかエラそうに言ってみる。

 1作目を読んだときは、こんなに上手い作家だとは気付かなかった(というか、筆力アップ?)。読みながら、藤沢周平氏や池波正太郎氏を思い浮かべていた。無理にミステリ仕立てにこだわる必要はない。このシリーズ、今後はもっと「ただの小説」方向に行ってしまっても良いのでは?

〔評価〕★★★★☆


 次は、『和菓子のアン』(坂木司・著/光文社文庫)。
posted by ふくちゃん at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

まほろ駅前番外地




・内容(「BOOK」データベースより)
東京都南西部最大の町・まほろ市の駅前で便利屋を営む多田と、高校時代の同級生・行天。汚部屋清掃、老人の見舞い、庭掃除に遺品整理、子守も料理も承ります − 。多田・行天の物語とともに、前作でお馴染みの星、曽根田のばあちゃん、由良、岡老人の細君が主人公となるスピンアウトストーリー7編を収録。


 映画(イマイチだった)にもなった第135回直木賞受賞作『まほろ駅前多田便利軒』(面白かった!)の続編。映画と同じキャストでドラマ化されるらしい。

 続編とはいえ、7編のうち多田と行天が主役を張るのは、最初と最後の2編。あとの5編では、2人は脇役である。

 いつもの多田視点で語られる物語だけではなく、前作のゲストプレイヤー達が主役となることで、多田と行天のコンビの“今”がより鮮やかに、軽妙に描かれる。

 それでいて、最後の1篇は、わが道を飄々と行く変人・行天の心の奥底にある、繊細で重苦しい心の闇を垣間見せる。こんなふうに描かれたら、続きが読みたくて仕方がない。

 ぜひ、また続編を。

〔評価〕★★★★☆


 次は、『宇宙戦艦ヤマト2199 1』(むらかわみちお・著/カドカワコミックエース)。
posted by ふくちゃん at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。