2008年01月08日

夢の守り人


夢の守り人
著者名:上橋菜穂子(著)
出版社:新潮社
出版年:2007.12
ISBN :9784101302744


 「守り人」シリーズ第3弾。

 今回もなかなか面白かった。上質なエンタメ系(でもないか)ファンタジー。ハリ○タ(はるか昔に3巻目で離脱)より、よっぽどイイと思うが。。。


・内容
人の夢を糧とする異界の“花”に囚われ、人鬼と化したタンダ。女用心棒バルサは幼な馴染を救うため、命を賭ける。心の絆は“花”の魔力に打ち克てるのか?開花の時を迎えた“花”は、その力を増していく。不可思議な歌で人の心をとろけさせる放浪の歌い手ユグノの正体は?そして、今明かされる大呪術師トロガイの秘められた過去とは?いよいよ緊迫度を増すシリーズ第3弾。
(「BOOK」データベースより)


 “いよいよ緊迫度を増すシリーズ第3弾”と書かれているけど、物語そのものはほぼ完全に独立したモノ。もちろん、主人公のバルサを始め、レギュラーのタンダやトロガイ、第1弾に登場したチャグム、シュガ、ジンなども再び登場するので、シリーズの頭から読む方が良いが。

 夢(“将来の希望”じゃなくて睡眠中に見るヤツ)=ファンタジーと現実の関係 ― 現実にはファンタジーが、ファンタジーには現実が絶対に必要であること ― を、ファンタジーに仮託して描いている(ように思える)。

 そして、選んだ人生(望んだモノであれ望まぬモノであれ)と選ばれなかった人生。分岐点に戻ってやり直すことはできないし、そのチャンスがあってもその場ではまた同じ選択をするだろう。あったかも知れない別の人生に思いを馳せて嘆いても仕方がない。

 しかし、僕の読書はシリーズものが多いな・・・。楽しいけど、新しい作家、新しい作品に出会う機会を削っているような気もして、痛し痒しなんである。

精霊の守り人
闇の守り人


 次は『チーム・バチスタの栄光(上・下)』(海堂尊・著/宝島社文庫)。
posted by ふくちゃん at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

おれがあいつであいつがおれで


おれがあいつであいつがおれで
著者名:山中恒(著)
出版社:角川書店
出版年:2007.05
ISBN :9784041417034


 今は亡き(たしか)旺文社の「小六時代」にコレが連載されていた頃、リアルタイムで読んだ。

 当時はちょっとHで、ハレンチ(?)な物語をドキドキ半分、嫌悪感半分(上品な坊ちゃんではなかったのだが)で読んでいたものだ。

 先日、コレが原作の映画『転校生』(リメイク版の方)を観て懐かしくなり、改めて読んでみた。

 ・・・なんだ。

 爽やかで、瑞々しい物語じゃないか。

 さり気にジェンダーを扱った作品でもある。もちろん、当時はそんな言葉、一般的ではなかったわけだが。

 僕も「男らしさ」や「女らしさ」の呪縛から100%フリーとは言い切れない面はあるが、それ以上に「自分らしく」あること、「人間らしく」あること(僕にとっては「=恥を知る人間」であることの意)がずっと大事だと信じているので、この作品に共感すること大である。

 著者の山中氏にも、「男(女)らしさ」というレッテルへの反発があるようだ。

 でも、そんな話には興味がない人でも、楽しめる小説。


 次は、『卵のふわふわ 八丁堀喰い物草紙・江戸前でもなし』(宇江佐真理・著/講談社文庫)。
posted by ふくちゃん at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

水の伝説


水の伝説
著者名:たつみや章(著)
出版社:講談社
出版年:2007.07
ISBN :9784062757904


 たつみや章氏もちょっと前から気にかかっていた作家だが、今回晴れて(?)初読みとなった。

 結論から言うと、読んで良かった。児童文学って、ホント馬鹿にできない。


“自分で言うのは変かもしれないけど、ぼくはグズでドジな弱虫男だ。みんながそう言ったからってだけじゃなくて、自分でもそう思う。何か意地悪なことを言われても言い返せないし、何をやってものろのろおそいし、成績もよくない。”

 女性的な(中性的な)風貌もあって、東京の小学校では苛められていた6年生の光太郎。

“ぼくは毎日、ぼくってなんてだめなやつなんだろうと思いながら暮らしてて(略)”

 アァ分かるなぁ、この気持ち。俺も中1のときの1年間だけ苛められたことがあったから。長く続くと、そのうち劣等感のカタマリになっちゃうんだよな。

 で、光太郎は学校ではどうすることもできず、心配する両親と顔を突き合わせなきゃならない家庭も辛くて、ド田舎の白水村に山村留学してきた。

 幸いにして村の下宿先の一ノ関家の長男で同級生のタツオとは結構仲良くなって、わりに楽しい日々。でも、自分に自信のない光太郎は、内心「嫌われたらどうしよう、嫌われたくない」とビクビクしてる。

 村ではしばらく大雨が続いていたが、一ノ関家の山が土砂崩れを起こして、木材として一家の収入源となるはずだった杉林がダメになってしまう。それでもなお降り止まない雨は、村を危険に晒す。

 そんなある日、タツオに頼まれて2人だけのヤマメ釣りの穴場・乙女ヶ淵が無事かどうかを確かめに行った光太郎は、増水した川で流木に挟まれて動けなくなったカッパを助ける。どうやらカッパに見込まれた光太郎は、そうとは知らずカッパの引き合わせにより、乙女ヶ淵で美しい盃のようなものを見つけて持ち帰る。

 その盃は、村が祀る龍神様の「嫁」=生け贄となる人が持つ印で、昔々乙女ヶ淵には「嫁」が放り込まれていたらしい。そうと分かった日から、なぜかタツオが光太郎に冷たくなる。

 タツオの態度に絶望した光太郎は思い悩んだ末、これまで仲良くしてくれたタツオやお世話になった一ノ関家の人々、大好きな村のために生け贄になり、龍神様に雨を止めてもらおうと決意する。


 弱虫だった少年の成長物語をメインに、人間と自然の共生のあり方までを問う、爽やかなファンタジー。

 これは他の文庫化作品(『ぼくの・稲荷山戦記』『夜の神話』)も読まねば。


 次は、またまた児童文学で『おれがあいつであいつがおれで』(山中恒・著/角川文庫)。
posted by ふくちゃん at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。