2015年11月01日

職業としての小説家




・内容(「BOOK」データベースより)
「MONKEY」大好評連載の“村上春樹私的講演録”に、大幅な書き下ろし150枚を加え、読書界待望の渾身の一冊、ついに発刊!


 私の読書時間は、通勤と食事の間が主だが、この本は家に置いて、少しずつゆっくり読んだ。

 どのようにして、小説家になったのか。

 どうやって、作品を書き続け、その世界を押し広げてきたのか。

 ハルキスト改め村上主義者である私には、そして同じく村上主義者の皆さんには、ほぼお馴染みの内容である。

 改めて感心するのは、その小説世界においては自己模倣をせずに、どんどん変わっていく村上氏だが、生き方というか小説への取り組み方はずっと一貫しているということ。

 この粘り強さ。強靭さ。並大抵じゃない。

〔評価〕★★★★★


 当然、『村上さんのところ』のコンプリート版(電子書籍)も読んでいるが、読了までにはかなり時間がかかりそう。次は、『宇宙戦艦ヤマト2199 7』(むらかわみちお・著/角川コミックス・エース)
posted by ふくちゃん at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3




・内容(「BOOK」データベースより)
男がオムレツを作るとき、どんな風景がいちばんふさわしいでしょう?おたくの猫には、音楽の好き嫌いがあると思いますか?村上春樹さんは占い師として、はたして大成したでしょうか?最新のムラカミ情報満載の「村上ラヂオ」第3作。


 発売早々に購入したが、大事に、大事に、ゆっくり読んできた。

 始めの方に何が書いてあったのか、もう覚えていない。この中身の無さ、素晴らしい。←大真面目に褒めてる。

 癒される。

 この第3巻でananの連載は、終了したそうである。

 いずれまたどこかで、肩の凝らないエッセイを書いてほしい。小説と同じぐらい、村上氏のエッセイが好きだ。

〔評価〕★★★☆☆


 次は、『まほろ駅前番外地』(三浦しをん・著/文春文庫)。
posted by ふくちゃん at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2



 発売後、即購入したのだが、1ページずつ、じっくり読んでいたので、紹介が遅くなった。村上春樹氏と大橋歩氏と雑誌ananが再びのコラボ。掲載誌といい、語られる内容といい、小説家としては世界的大家(なんて言い方は村上氏は嫌がると思うけど)なのに、相変わらず非・権威主義的な人だ。


・内容紹介(amazonより)
1、人の悪口を具体的に書かない 2、言い訳や自慢をなるべく書かない 3、時事的な話題は避ける。これが村上春樹さんがエッセイを書く時に自ら課したルールだそうです。そんな法則に則って書かれた、どうでもいいようだけど、やっぱりどうにも読み過ごすことが出来ない、心に沁みる興味津々のエピソード。究極のジョギング・コース、オキーフのパイナップル、ギリシアの幽霊、あざらしのくちづけ、、、、うーん、なるほど。いやあ、ほんとに。マッサージのように、心のこりをときほぐしてくれるハートウォーミングな語り口。それに彩りを添えてくれるのは、大橋さんの美しい銅版画。10年ぶりに帰ってきた、アンアン連載の伝説のエッセイ『おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2』。村上さん曰く「“日本でいちばんおいしいウーロン茶”を目指して書いた」エッセイ。肩の力を抜いて、気楽にご賞味ください。


 読んでも実用面ではほぼ役に立たないし、特に勉強にもならない。読まなくても、人生の損失にはならない。でも、読むとニンマリする、ゆるゆるエッセイ。一篇一篇に添えられた「今週の村上」(本編とは無関係)の1行の脱力感がまたイイ。

 まだ連載は続いているので、次の単行本が楽しみ。

〔評価〕★★★☆☆


 次は、『居眠り磐音 江戸双紙 孤愁ノ春』(佐伯泰英・著/双葉文庫)
posted by ふくちゃん at 18:27| Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。